Menu

Act.03

教育研修事業の新しい展開

教育研修事業の新しい取り組み

これまでの教育研修事業の実績

これまで教育研修事業では、大手鉄道会社様、ゼネコン様、設備系サブコン様をはじめ、建設系企業様より当社研修センターにおける若年技術者向けの技術研修やCAD研修などの受託を行って参りました。詳細は下記になります。

大手鉄道会社の技術研修受託

大手鉄道会社工務部建築課の新入社員を対象とした建築施工管理の基礎研修(50時間)、2・3 年目の若手社員を対象としたフォローアップ研修(20時間)を先方の教育訓練センターにて実施しています。

大手鉄道会社の技術研修受託
講師:当社の建築講師が担当

設備サブコンのCAD研修受託

有名設備サブコンの新入社員を対象者とし、4 月後半に設備専用CAD(CADWe’ ll Tfas9)を当社オリジナル基礎研修カリキュラム(28 時間)で当社東京研修センターにて実施しています。

設備サブコンのCAD研修受託
講師:当社の設備CAD 講師が担当

マンションゼネコンの技術研修受託

一部上場マンションゼネコンの新入社員への建築施工管理の基礎研修(32時間)、若手社員への中級研修(16時間)、中堅社員への上級研修(16 時間)コミュニケーション研修(8 時間)を当社東京研修センターにて実施しています。

マンションゼネコンの技術研修受託
講師:当社の建築講師・マナー講師が担当

設備サブコンの技術研修受託

一部上場設備サブコンの設計部の若手社員を対象とした、年間数回のフォローアップ研修(30時間)を受託。 弊社東京研修センターにて実施しています。

設備サブコンの技術研修受託
講師:当社の設備講師が担当


教育研修事業の新しい展開

「建設業界の若手技術者育成機関としての役割」をさらに推し進めるために新しい2つの事業展開を行います。この2つの取り組みはいずれも、これまでに培った我々の教育ノウハウを外部に惜しみなく公開するものです。そこには少しでも多くの、これから建設業界を目指す方々に効率よく技術知識を学んでいただきたいという想いがあります。これは「ひとりでも多く、建設業界で活躍できる人材を送り出すことで、建設業界への人的貢献により社会貢献を行っていく」という私たちのミッションの体現でもあります。

2021年4月20日 建設系技術本「ジョブトレシリーズ」を出版

これまでの自社スクール「ワット・スクール・オブ・エンジニアリング」で使用してきた自社オリジナルのAutoCADトレーニングブックを4月20日に出版いたしました。また、AutoCADトレーニングブックに続いて、Revit・RebroのBIMテキストブックも追って出版予定。続いて、電気通信施工管理資格受検対策本も出版予定です。

2021年4月 建設系技術本を出版

自社オリジナルeラーニングコンテンツの販売

ワット・コンサルティングでは自社スクール修了後、現場に出て時間が取れない技術社員の学習のために、教育企画チームにより随時更新されるeラーニングコンテンツを整備しています。その数、2020年12月現在で2000コンテンツ以上です。この自社オリジナルeラーニングコンテンツを、建設技術を学ぶ様々な機関で活用していただきたいと考えております。

自社オリジナルeラーニングコンテンツの販売

CONTENTS

WATの新しい取り組み

WATの新しい取り組み

私たちのビジョンは「個を活かせる企業」。あらゆる「個」が活き活きと活躍できる仕組みづくりへの挑戦という風土が常に新しい取り組みを創出しています。

read more
データでみるWAT

データでみるWAT

これから入社を考える方に気になりそうなデータを一覧にしました。ありのままのワット・コンサルティングをデータでご確認ください。

read more

let's work togetherENTRY

既卒・第二新卒の方向け募集要項

2022 新卒の方向け募集要項